Essay エッセー
日々感じたこと思ったことをそこはかとなく日記に書き記して発信していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12.06.19. 大切な事、本質的な事

大切な事、本質的な事とは往々にして、大切だと思っていたことが傷つけられたり、
失ったり、そうではないものと遭遇して後から気が付く事が多いと感じています。

海外に行って、初めて自分の事、日本人の事、日本の事を考え始めるように。
不幸せを知って本当の幸せを知るように。

小説家遠藤周作のエッセイから一つ抜粋して置きます。

我々が幸せな時には、自分の幸せに酔っていて、他の存在を忘れがちである。
しかしむかし病気をして苦しかった時、私はベットから窓の外に見える一本のトチの木と
話したものだ。その話は私が死んでも彼が生き残るだろうとわかった時からはじまった。
小鳥の眼があんなに哀しいものであることは知った時、今まで重要視しなかった小鳥の
存在が私の心に入ってきたが、それも病気の時だった。
その頃は、樹も鳥も私に話しかけてくれた。私たちの間には幸せだった時にはない交流
が成立していた。しかし病気が回復してみると会話は少しづつ消えていった。

私は自分以外のこれらの存在を忘れがちになっていたのだ。日常生活のなかに
「しーん」とした人生を挿入するのは苦しみである。そういう苦しみを多少でも持って
いる人間には、その多少に応じて、他の「しーん」としたもの、絵でも踊りでも音楽でも
わかるだろう。なぜならそれらは我々を酔わせるものではなく、ふたたび心を覚醒させる
ものなのだから。

もう一つ、ヘレン・ケラーの言葉も載せておきます。

個性は、安らぎや静けさの中で生まれるものではありません。
試練や苦しみを経験することでのみ、魂が鍛えられ、洞察力が研ぎ澄まされ、
野心が鼓舞され、成功が手に入るのです。

Character cannot be developed in ease and quiet.
Only through experience of trial and suffering can the soul be strengthened,
vision cleared, ambition inspired, and success achieved.

物事の本質は逆説的に知ることが多い。
何故なら物事は相対化してみないと見えてこない側面があり、対になる状態を経験
しないと見えていない側面があるからです。
普段見えるものは水面上にあってみんなも見ていますが、大切なこと、本質的なことは、
水面下にあって、苦しいけれど深く深く潜ってみないと見えてこないもの
だと思います。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

hiroito

Author:hiroito
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。