Essay エッセー
日々感じたこと思ったことをそこはかとなく日記に書き記して発信していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12.5.25. 東芝 西田 厚聰会長の講演を聞いて

5/25に東芝 西田厚聰会長のお話を聞いてきました(遅刻して冒頭聞き逃しましたが)。

非常にネアカの方で、大きな声で笑う姿が印象的でした。

記憶に残った事を簡単に要点を書くと以下の事を仰っていました。

■経営には以下のプロセスが重要
 
 ①「判断」するプロセス
 ②「決断」するプロセス
 ③「実行」するプロセス

 ・この中での、特に重要なのが、「判断」。
  何故なら、「判断」を誤れば、その後の「決断」も「実行」も間違った方向に行って
  しまうから
。よって、最初の判断を間違えば、リーダーは失格。

 ・ただ、判断に「正しさ」を求めてはいけない、何が正しいかは何年も経ってみないと
  分からない。限られた「時間」と「情報」の中で競争するのがビジネスの世界、
  その中で「最適な判断」をしていかなければならない。
 
  (西田会長が社長時代に、原子炉技術大手のウェスティングハウス・エレクトリック社
   を買収しており、買収当時の06年は周囲からの非難があったが07年には一転して
評価を得、しかしまた、11年の震災で再度厳しい意見がある中「(年単位では粗く
なるが)50年スパンで投資をしている」とのコメントに繋がっている)

 ・変数や置かれた環境が様々な中「最適な判断」をするには、広く深く考えないといけ
ないとグローバルな中では太刀打ちできない。その為には仕事以外の事、「リベラル
アーツ」を知らないといけない。


  ○講演の後の質疑応答で、「ドイツやフランスでビジネスをした際に東京大学院で
西洋政治思想史を専攻し、その国々の本を読んでいた事が役に立った」を仰って
いたことに通じる

 
 ・判断力を磨く研究はまだ未開拓で結論がない、その中で過去にカントは判断とは
  「具体的な特別なものを抽象化できる不思議な能力」といった事を言っている。

 ・判断の精度を上げるには「自己内対話」をすべき。つまり、他人の立場に立ってり
  自分から離れて客観的、対象化して物事みる事が大切。


  
  以上が「判断」のプロセスで、他のプロセスは短いコメント

 ・「決断」には「タイミング」が重要、「実行」には「胆識」、固い意志が必要

■全体的な事

 ・人間は、論理 VS 感情(非合理)の二律背反的な存在、
  その中で、言葉を使ったコミュニケーションが重要、
  (単なるおしゃべりでなく)コミュニケーションを支える「考え方」も重要


 ・使命感を持たないと、組織企業は存続しない

■質疑の中で

 <今の電機業界について>
 ・コモディティー化したものに対しては、日本の高コスト体質ではVertical
  integration(垂直統合)は不可能
 ・安くする為には「標準化」が必要、でもそれではどこの国でもつくれてしまう。
  だから「差異化」が必要だが、高くなってしまう。
  この二律背反の世界の両方を両立させないといけない

 
 ○対談者から「欧米が参入しているものはコモデティー化しない、中国・台湾が
  参入するとコモディティー化すると言われている」とのコメントがあり、その
  中国・台湾メーカーが参入する基準はそれらの国の技術水準が今どこになるか
  なのだと思う。(その水準を見極め)「差異化or撤退の判断をして、経営の根幹
  である選択と集中を行っていく必要がある」

 <グローバルリーダーについて>
 ・海外の現地会社のTOPを、現地人にすべきか?それとも日本人を送り込むべきか?
  はジレンマでどっちがいいか明確なものはない。何故なら、
 
  ①もし、現地人に全て任せてしまうと、現地人が一番なんでも知っている状態に
   なり「俺の通りやれ」となってしまう(実際西田さんはこれで一社会社を潰したらしい)
 
  ②日本人を送り込むと、政治、経済、文化、言語の壁があり、更にローテーションで
   いつか日本に戻ってきてしまう

  重要なことは「マネジメントが東京本社からでもちゃんとできるかどうか」
  
■最後のメッセージ

 ・P.F.ドラッカーは次の事を言っている「リーダーシップとは学ばなければいけない
  ものだし、学べるものだ」 


 ・常につくるものは未来、未来へのスタンスをきっちりもっておく
  未来は予測する為にあるのではなく、つくりあげる為にある

 ・ものごとを悲観的、消極的ではなく「肯定的」「積極的」「楽観的」にみること。
  (楽天と楽観は違う)



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

hiroito

Author:hiroito
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。