Essay エッセー
日々感じたこと思ったことをそこはかとなく日記に書き記して発信していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

13.02.17. 判断に迷った時

スタンフォード大学教授のティナ・シーリング氏の本をを読んでいて、
判断に迷った時にどう対処するか?という方法が次のように書かれていました。


「混乱が収まった後になってどう説明するかを考えてみること」
「将来その時の事をどう話たいかを考えればいい」

将来胸を張って話せるように、いまの物語を紡ぐのです。


依然ある方のお話を聞いて仰っていたことと似ているなぁと感じました。
その方が仰っていたのいはこうです。


「自分がとった行動の理由を我が子から聞かれても、恥じない生き方をする」


つまり、一番裏切ってはいけない最も身近な人に対して、きちんとその人の目を見て
自分のとった選択肢やその理由を、胸を張って語れるか、
ということだと思います。

この方は、多くの矛盾正誤の判断が付かないような問題が多く存在する現実社会
や経済活動の中で、二律背反の選択肢の中でどちらかを選択しなければならない
場面に何度も出会い、判断を迫られた経験があるからこそ、上述の様なことを考え
ていたのだと思います。とても深淵な言葉だと思い、手帳に書き記していました。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

hiroito

Author:hiroito
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。