Essay エッセー
日々感じたこと思ったことをそこはかとなく日記に書き記して発信していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12.5.20. 夜明け前

今週末に知り合いと一泊二日で山の中の研修施設に行って来ました。中国ではなく、
まだ日本の山です。

タイトルは「中国滞在記」となっていますが、まだ日本にいて準備期間中の身です。
友人にブログを作成してもらったのが昨日、なので昨日の分は試し書きです。。。


今回行った研修施設は、都会と自然の中間に位置する様な場所(どちらかと言うと
街寄りですが)で、側の展望台からは、原生林が生い茂った向こうには街並みが
眺望できます。

今朝、4時19分に目が覚めて、直ぐに寝入る事ができず、折角だから外に
出る事にしました。まだ、辺りは薄暗がりの夜が明ける前で、昼間見えた原生林の
向こうの街並みは煌々と文明の力で輝いてました。

次第に太陽が昇ると(曇りで日の出は見えませんでしたが)辺りは、薄暗闇からブルー
の空間になり、そしていつも見る世界へと移り変わっていきました。

夜明けの過程は、鳥のさえずり、風で木が揺れる音、柔らかな風が肌をなでる感覚、
そんな普段はあまり気が付いていない、気に留めていないことを自分の五感に
感じさせてくれました
。それは、忙しく、働いていると忘れてしまっている感覚
かもしれないけれど、誰もがいつか感じたことのある「大切な感覚」だと思います。


「文明の光」も「太陽の自然の光」にはかなわない。

徐々に太陽の大きな光が、街並みの電気を打ち消して夜が明ける姿を見て、
そんな事も感じました。


「夜明け前が一番暗い。でもやまない雨がないように、明けない夜はない」

太陽の光が世の中を照らし、物事の「かたち」を表してくれるように、大きな樹の
一片の葉に過ぎないかもしれませんが、このブログも今の世の中を照らして、何らかの
「かたち」を創っていけたらと思っています。

「大切な感覚」を忘れずにして。。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

hiroito

Author:hiroito
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。