Essay エッセー
日々感じたこと思ったことをそこはかとなく日記に書き記して発信していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12.11.25. 出藍の誉れ


「子貢問いて曰く、一言にして以て終身之を行う可き者有りや、と。
 子曰く、其れ恕か。己の欲せざる所は、人に施すこと勿れ、と。」

論語に出てくる有名に文ですが、現代語訳すれば以下の通りです。

「子貢が質問した。生涯行うべきものを、一文字で表せましょうか、と
 老先生はお答えいなられた。それは恕だな。自分が他人から受けたく
 ないことは他人にもしないことだ、と」

ここでの「恕」は「思いやり」を表すわけですが、孔子は人生で取り組むべき
ことを「相手を思いやること」と答えていて、その後に自分が嫌だと思うことは
他人にもしてはいけない、と説いています。つまり、自分が不快に感じたり、
マイナスの感情を抱く行為は、相手も当然同じ感情を抱くので、行ってはならない、

としているわけですが、この意味を自分は少し取り違えていました。

会社の中で時々、自分が出来もしないことを部下に平気で要求してくる人を
見かけるのは私だけではないと思います。これに対して、私自身は自分が
出来もしないことを他人に要求してはいけない、先ず、自分が出来るように
なって率先垂範すべき、との考えて持っていました。それは、論語に出てくる
上述の内容と同義だと思っていました。

然し、ある雑誌でアサヒビールの福地茂雄さんの記事を読んで誤解していたこと
に気が付きました。

30代中頃に管理職になった福地さんは、支店長から抱負を聞かれこう答えました。
「自分が出来ることは、部下にも徹底して求めます。自分が出来ないことを
部下に求めることは卑怯だと思うので出来ません」
と。
それに対して、支店長は「それでは管理職としては落第だよ。君のコピーばかり
になってしまう」
と福地さんを叱ったそうです。

上司が出来ることしか求めないのであれば、部下は上司以上に成長することはない。
その為、部下の為を思って、部下の成長を考えるのではあれば、自分が出来ない
ことでも部下に求めるべき時があるとの意見でした。


また、その事をプロ野球に例えて上手く説明されています。

「王貞治さんは4番バッターでしたが、監督になれば打撃だけを見ればよいという
 わけではない。監督になった以上は全てのポジションに対して一流を求める。」


人を育てるとはそう言う事であって、やらせてみる度量を持って部下の能力を
伸ばす必要があると説いています。

さて冒頭の孔子の言葉「己の欲せざる所は、人に施すこと勿れ」に戻ると、
この言葉はあくまでも「自分がマイナスな感情や嫌な思いをすることは
他人にはしてはいけない」と説いていて、プラスの感情や、相手への期待で
ないこと
がポイントだと思います。

相手の成長段階を見極め、それに応じた適正な度合い(程度)と内容であることが
前提ですが、それが前提であるならば、「相手に期待することは、相手に求めて
もいい」
、それが自分以上の人を育てる度量なのだと理解しました。

「己が期待する所は、相手に求めよ」

会社の組織もそうですが、教育に携わる方や子供を持つ親に、人を成長させる際の
有用な心構えになるのではないかと思います。
(相手の為を真に思うこと、求める度合い、時と場合の見極めをきちっと行う
ことを前提として。呉々も都合のよいように解釈なさらないようにして下さい)

この度量、心構えが「出藍の誉れ」「青は藍より出でて藍より青し」の言葉の通り
自分を越えていく人を育成できるのはないかと思いました。 


最後に、福地さんが管理職の立場にある人に必要だと仰っていることを記載して
終わります。

 ①部下に顔色を読まれるな、信念を突き通すまっすぐな背中だけを見せろ。
  
  (上司の背中、生き様が尊敬できる上司についていきたいと思うもの)

 ②総論と各論を使い分ける管理職は部下はついてこない

  (総論ではかっこいいことを言って、その時々において各論を変える人の
   背中には安心してついていけない)

 ③指導者を育てる場合は、カミソリではなくナタを意識した方がいい。

  (カミソリは身近にあってよく切れるから重宝されますが、木はきれません
   ナタは重くて使いこなすのが大変ですが、木を切り倒すことが出来る。
   大きな仕事を任せされるのは、こうしたタイプで、少々不器用でも
   最後は仕事を成し遂げる。会社を変革できるのはカミソリではなくナタ。
   その人材がカミソリなのかナタなのか見極めて、育て、使いこなさなければ
   なりません)
  

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

hiroito

Author:hiroito
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。