Essay エッセー
日々感じたこと思ったことをそこはかとなく日記に書き記して発信していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12.5.28. キャリアデザイン研修に参加して

2012年1月に2日間の自分のキャリアを考える研修に参加して、先週末に今度は
その研修を主催する側になる為の養成研修に参加してきました。

初めてこの研修を受けた時の事も含めて書こうと思いますが、この研修は他との
研修と違って非常に興味深いことがありました。

■興味深かったこと

一つは、全体での講師への質問は、基本的に受け付けない。

何故なら、自分のキャリアを考える意味で、その人が今、この時に持っている
価値観を大切にして、周りの人たちのコメントに左右されないようにする為。
答えは自分の中である、といったスタンス。

(もちろん個別の質問は、休憩中や作業中に講師の方に質問はO.K.)

そういった意味で、研修中に事例を読んで感想を交換するのが数回、1日目の
終了で「働きがい」について各人が考えを述べ、周りが感想を述べること以外、
講師の方のお話を聞いて一人黙々とメモを取ったり、ワークシートを基に自分
を見つめ直すことに時間を費やします。
もちろん、研修の最後に決意表明といったことはやりません。

二つ目は、講師の方は、各人が作業している間は、見回りはしない。

理由は、キャリアとはプライベートな内容になるので、誰かが見たり、見せたり
するものではなく、また、焦らずじっくり自分を見つめ直しながら作業する為。
その為、講師はじっと参加者の作業の進み具合を観察して、困っていたら助ける
といったスタンスで臨んでおられた。

*コンサルタントやアドバイザーは「答え」があってそれを教える人だが、
 カウンセラーや今回のインストラクターは違い、「自力で歩いていける為の
 伴走者」のようなものと仰っていた。



ところでキャリアとは何か?

ラテン語で「馬車」を意味するそうです。

そこから「太陽が空を通り抜ける道筋」「目的地に向かう航路」といった意味で
使われるようになり、やがて「経歴」なども指すようになったとのこと。

ドナルド・E・スーパーは、具体的にちょっと難しいですが、以下の4つに定義しています。

①人生を構成する一連の出来事
②自己発達の全体の中で、労働への個人の関与として表現される職業と、
 人生の他の役割の連鎖
③青年期から引退期に至る報酬、無報酬の一連の地位
④それには学生や雇用者、年金生活者などの役割や、副業、家業、
 市民の役割も含まれる

つまり「人生のある年齢や場面の様々な役割の組み合わせである」みたいなこと
を言っています。

個人的には、キャリアと考えるとは「有限の時間の中で、自分はどんな志を立て、
その実現に懸命に取り組み、社会に対して何を残すことができるのかを自問自答
しながら生きていく」
みたいなことだと今現時点は理解しています。

その過程で忘れてはならないのが「家族や仲間、それから周囲の方々の存在で
あったり感謝の気持ち」
だと思います。

■印象に残ったこと

・研修の中で「ジョ・ハリ窓」という考え方の説明を受けました。
 これは自己理解は、一人で自分のことを考えていても気が付かない領域があって、
 他者からのフィードバックをもらうことが大切、その為には積極的に自己開示を
 行っていく、つまり「受信」の為に積極的に「発信」していくことがが大切
である
 と説いています。それを繰り返し行っていくと自分も他者も自分のことで気が付いて
 いなかった「可能性の窓」が開かれるとしています。

・まだ「キャリアゴール」として目標が明確に定まっていないのならば、
 例えば、「海」か「山」のどちらに自分が行きたいか、といった大きな方向性
 だけでも決まっているならば、明確な行き先(目標)が決まっていなくても
 その方向のバスが目の前に止まったならば、取りあえず乗っちゃえばいい。

 そしてその方向性に進む上で今できることを準備していけばいい。

ゴールは一つでなくてもいい。「Best」の他に「Second Best」「Third Best」を
 もっておけばいい
。(Betterとすると妥協した感があるので上記表現)
 何故なら、外的キャリア(ここでは一般的な仕事の意味)がoutsource等でなくなる
 可能性があるから。

ストレスに強い人は、「中長期的な目標を持っている人」
 何故なら目の前のことに振り回されない。ありたい姿をきっちりもっていることが重要
 (逆をいうなら、目標のな いことがストレス耐性を弱めることにつながる)

過去と他人は変えられない、変えられるのは自分と未来

■感想

慌ただしい生活の中で、これまでじっくり自分の人生について考えることはなかなか
できませんが、研修を通して、独り善がりにならないよう複眼で考えること、色んな
役割を担っていること、また、伴侶の人生劇場にとって自分は傍役であって主役では
ないこと等々改めて大切なことに気付かされました。

人生は長いようで、短い。

四半期毎にこういった機会を意識的につくっていきたい。
キャリアを考えることに時間を費やすのはもったいないと研修前は思っていましたが
キャリアを考えることは、大きな視点(時間的・空間的)で自分の人生そのものを
考えることになり、結果的に何十年後かの自身の人生を豊かにするものと感じました。
スポンサーサイト

12.5.25. 東芝 西田 厚聰会長の講演を聞いて

5/25に東芝 西田厚聰会長のお話を聞いてきました(遅刻して冒頭聞き逃しましたが)。

非常にネアカの方で、大きな声で笑う姿が印象的でした。

記憶に残った事を簡単に要点を書くと以下の事を仰っていました。

■経営には以下のプロセスが重要
 
 ①「判断」するプロセス
 ②「決断」するプロセス
 ③「実行」するプロセス

 ・この中での、特に重要なのが、「判断」。
  何故なら、「判断」を誤れば、その後の「決断」も「実行」も間違った方向に行って
  しまうから
。よって、最初の判断を間違えば、リーダーは失格。

 ・ただ、判断に「正しさ」を求めてはいけない、何が正しいかは何年も経ってみないと
  分からない。限られた「時間」と「情報」の中で競争するのがビジネスの世界、
  その中で「最適な判断」をしていかなければならない。
 
  (西田会長が社長時代に、原子炉技術大手のウェスティングハウス・エレクトリック社
   を買収しており、買収当時の06年は周囲からの非難があったが07年には一転して
評価を得、しかしまた、11年の震災で再度厳しい意見がある中「(年単位では粗く
なるが)50年スパンで投資をしている」とのコメントに繋がっている)

 ・変数や置かれた環境が様々な中「最適な判断」をするには、広く深く考えないといけ
ないとグローバルな中では太刀打ちできない。その為には仕事以外の事、「リベラル
アーツ」を知らないといけない。


  ○講演の後の質疑応答で、「ドイツやフランスでビジネスをした際に東京大学院で
西洋政治思想史を専攻し、その国々の本を読んでいた事が役に立った」を仰って
いたことに通じる

 
 ・判断力を磨く研究はまだ未開拓で結論がない、その中で過去にカントは判断とは
  「具体的な特別なものを抽象化できる不思議な能力」といった事を言っている。

 ・判断の精度を上げるには「自己内対話」をすべき。つまり、他人の立場に立ってり
  自分から離れて客観的、対象化して物事みる事が大切。


  
  以上が「判断」のプロセスで、他のプロセスは短いコメント

 ・「決断」には「タイミング」が重要、「実行」には「胆識」、固い意志が必要

■全体的な事

 ・人間は、論理 VS 感情(非合理)の二律背反的な存在、
  その中で、言葉を使ったコミュニケーションが重要、
  (単なるおしゃべりでなく)コミュニケーションを支える「考え方」も重要


 ・使命感を持たないと、組織企業は存続しない

■質疑の中で

 <今の電機業界について>
 ・コモディティー化したものに対しては、日本の高コスト体質ではVertical
  integration(垂直統合)は不可能
 ・安くする為には「標準化」が必要、でもそれではどこの国でもつくれてしまう。
  だから「差異化」が必要だが、高くなってしまう。
  この二律背反の世界の両方を両立させないといけない

 
 ○対談者から「欧米が参入しているものはコモデティー化しない、中国・台湾が
  参入するとコモディティー化すると言われている」とのコメントがあり、その
  中国・台湾メーカーが参入する基準はそれらの国の技術水準が今どこになるか
  なのだと思う。(その水準を見極め)「差異化or撤退の判断をして、経営の根幹
  である選択と集中を行っていく必要がある」

 <グローバルリーダーについて>
 ・海外の現地会社のTOPを、現地人にすべきか?それとも日本人を送り込むべきか?
  はジレンマでどっちがいいか明確なものはない。何故なら、
 
  ①もし、現地人に全て任せてしまうと、現地人が一番なんでも知っている状態に
   なり「俺の通りやれ」となってしまう(実際西田さんはこれで一社会社を潰したらしい)
 
  ②日本人を送り込むと、政治、経済、文化、言語の壁があり、更にローテーションで
   いつか日本に戻ってきてしまう

  重要なことは「マネジメントが東京本社からでもちゃんとできるかどうか」
  
■最後のメッセージ

 ・P.F.ドラッカーは次の事を言っている「リーダーシップとは学ばなければいけない
  ものだし、学べるものだ」 


 ・常につくるものは未来、未来へのスタンスをきっちりもっておく
  未来は予測する為にあるのではなく、つくりあげる為にある

 ・ものごとを悲観的、消極的ではなく「肯定的」「積極的」「楽観的」にみること。
  (楽天と楽観は違う)



12.5.20. 夜明け前

今週末に知り合いと一泊二日で山の中の研修施設に行って来ました。中国ではなく、
まだ日本の山です。

タイトルは「中国滞在記」となっていますが、まだ日本にいて準備期間中の身です。
友人にブログを作成してもらったのが昨日、なので昨日の分は試し書きです。。。


今回行った研修施設は、都会と自然の中間に位置する様な場所(どちらかと言うと
街寄りですが)で、側の展望台からは、原生林が生い茂った向こうには街並みが
眺望できます。

今朝、4時19分に目が覚めて、直ぐに寝入る事ができず、折角だから外に
出る事にしました。まだ、辺りは薄暗がりの夜が明ける前で、昼間見えた原生林の
向こうの街並みは煌々と文明の力で輝いてました。

次第に太陽が昇ると(曇りで日の出は見えませんでしたが)辺りは、薄暗闇からブルー
の空間になり、そしていつも見る世界へと移り変わっていきました。

夜明けの過程は、鳥のさえずり、風で木が揺れる音、柔らかな風が肌をなでる感覚、
そんな普段はあまり気が付いていない、気に留めていないことを自分の五感に
感じさせてくれました
。それは、忙しく、働いていると忘れてしまっている感覚
かもしれないけれど、誰もがいつか感じたことのある「大切な感覚」だと思います。


「文明の光」も「太陽の自然の光」にはかなわない。

徐々に太陽の大きな光が、街並みの電気を打ち消して夜が明ける姿を見て、
そんな事も感じました。


「夜明け前が一番暗い。でもやまない雨がないように、明けない夜はない」

太陽の光が世の中を照らし、物事の「かたち」を表してくれるように、大きな樹の
一片の葉に過ぎないかもしれませんが、このブログも今の世の中を照らして、何らかの
「かたち」を創っていけたらと思っています。

「大切な感覚」を忘れずにして。。


中国到着

本日より、中国に到着しました。
これから頑張って日記を書いていきます。
よろしく

プロフィール

hiroito

Author:hiroito
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。